生活環境の激変

画像

生活環境の激変

老人がいる、そんな感覚で

老犬ともなるとどうしても足腰などが弱くなってしまいます、そのためちょっとした動作をするにしても動きが緩慢になります。人間の高齢者を見れば分かると思いますが、あまり機敏に動ける人がいないことを考えれば分かると思います。また耳も遠くなったりしてこちらの呼ぶ声に反応しにくくなる、ということも頻繁に起こります。コレについてペット飼いなどはどのようにして対応すると思いますか?

あくまで経験談によりますが、それこそ家におじいちゃんやおばあちゃんが出来たといった感覚としてみれば分かりやすいと思います。筆者も今まで何匹と猫を飼ってきました、そして高齢猫となり、大体16歳ぐらいまで生きた猫もいました。一緒に過ごしてきた時間もそうですが、人間と動物では体感する時間はおよそ数倍とも言えるようなスピードです。当然ながら動物達の方が高齢となります、そして行動もどこかかつてのような動きではなくなってしまいますが、それを見てどう反応するかがその後を看取れるどうかにも影響してくるのかもしれません。

動物の老後、という点で考察するのであれば実のところ人間も犬も、老後の動作は案外共通しているところもある、そう考えています。そして何より、老後ともなれば常に何かしらの不安に教われるようになります、死期が近づいている、自覚しているかどうかは分かりませんが人も犬も、常に誰かに側にいてもらいたいと考えるようになるものです。そうしたとき、やはり飼い主としては温かく迎えて上げられるかどうか、という点についても考えていかなくてはいけません。

但し老犬の場合、年老いていく事に家族の気配が常に側にいないとたまらなく不安な気持ちに駆られてしまいます。元々徒党を組んで行動する動物です、単独で行動する狼とは違って、犬は常に群れの中で生活することを日常としています。そのため、老犬になった犬には常日頃から家族が側にいてあげなくてはいけないのです。この状況は、人間で言うところの寝たきりの人を介護すると同じことです。

老犬になるとそれまでの生活が大きく変化することになります、飼い主はそうしたとき本当に犬の側にいて上げられるかどうかということを考えてなくてはならないのです。

人気の小型犬大集合!
遺品整理【もったいない屋】であなたも断捨離してみませんか?お仕事や家事でお忙しい方はお電話1本で格安回収・高価買取の「もったいない屋」が即時対応でアッ!という間に片付けますよ。

画像

生活をしやすいようにする

老人の、特に足腰を悪くしたとなれば家の中をバリアフリーにするために改装する、ということもあるでしょう。ただペットのためにという言葉を使うのは心忍びない胸中ですが、中々実行したくてもできないという人がほとんどでしょう。家族であることに変わりはありません、世界広しとしてどこかにそうした愛犬家がいるかもしれませんが、やはりリフォームするという事になってしまうと多額の費用を要することになります。

ですが老犬となった愛犬のために家の中をスムーズに移動できるようにしたい、そう考えている人に老犬の生活する場所に対する工夫などを紹介していきましょう。

床を工夫する
足腰が弱くなっているため、躓かないように段差をなくしたり、老犬の生活スペースで滑らないように毛足の短い絨毯などを敷くなどをしてあげます。愛犬が安心して歩行するためにできることとしても、コレだけ出来れば十分でしょう。またフローリングなら床にワックスを掛ける、というのも一つの手段です。
家具の配置を変える
老化が進めば歩くのもゆっくりとなりますが、そうしたとき実は視力が低下しているということもあります。そうなると本来なら回避することができる障害物も出来ない、なんてことになりかねないので家具を配置をします。それも飼い主視点ではなく、犬視点で見ればよく分かります。そしてそのまま家の中を徘徊してみると、何が障害となるのかを理解できるので配置を変えたり、角でぶつけないようにクッションなどをつけるなどすればよりいいでしょう。また、隙間などに入り込んでしまうと抜け出せないということもあるので、出来るのであれば隙間を作らないようにすることも非常に重要な要素です。
階段でできる対策
老犬になったこの中には階段の昇り降りをしたくない、そう行動で示すようになったりします。これも老後特有の動物の行動ですが、これは足腰が弱っていることで階段から転倒してしまう、などの危険性があるからです。ただ老犬になれば基本階段を用いた生活はしないように避け、そこを通らないようにフェンスなどをおいて対策を講じるなどします。ただどうしても階段を使用しなければならないこともあるので、そういった際にはスロープなどを利用して階段を移動できるように配慮してあげることが重要となります。
居場所の形成
老犬にとって家族は群れの一員、そしてその家族の気配を常に感じられる場所を老犬の生活スペースとすることで、より安心できるようにしてあげます。基本的に寝ていることが多くなっていますが、動物なので気配には敏感なので、側にいるだけで安心感を得られるようになります。
寝床は常に確認
居場所に関連していることになりますが、居場所はつまり寝床とということになります。この寝床、用意するだけではなく季節事の気温変化に対応することができるようにマットを敷いたり、ペットヒーターを敷いて寒さ対策をするなどしてあげます。これはつまり室温に関しても調節してあげるようにするのは当然ですが、暑いから、また寒いからといって過度に冷暖房の風が当たらないような場所に寝床を作る、コレも非常に重要なことになります。
ペットと旅行に行きたい!
精密機器、精密機械、精密測定機器、電子機器、医療機器、工作機械、美術品等の運送に最適なエアサス車を保有、精密機器の運送株式会社堀内工運|大阪 西淀川区 精密機器の運搬、ラフタークレーン作業、リフト作業、エアサス車運送、パワーゲート車運送では、法人様からのご依頼お待ちしております。

こうした生活とサプリメントについて

成犬の頃と比べるとここまで生活を変えなくてはいけません、飼い主としても本領を発揮することになりますが、こうした生活スタイルの変化は犬自身が一番ストレスを感じていることだと、それを忘れてはいけません。寝たきりともなればまさしく24時間つきっきりで見てあげなくてはいけません、ここまでになるとどうしても生活を合わせることが出来ない、そんな人もいるでしょう。こうなると面倒を見切れないから保健所に送ってしまう、ただそうした飼い主の場合は断腸の思いではないだろうか。最期まで見取ることが出来ないのは非常に辛いことですが、一つの決断としてはもしかしたらしょうがないのかもしれません。最近の犬飼を見ていると、どうしてもこうした意識が低いように思います。小型犬、大型犬に関わらず犬の老後は人間と同等に介護を要することになります。これは飼うと決めたときから見なければいけない、見過ごすことはできない事実なのです。

こうした生活にならないよう飼い主がサプリメントを与えることは、自然なことです。ですが医薬品ではない上、そもそも老化を止めることができないものだとしても、効目は老犬になればなるほど微々たる物、そう見るべきでしょう。ただしないよりかはましな事は確かです、その先に待っている結末を迎えられるだけの覚悟を持っている人であるなら継続してあげることに対して、反対する余地もありません。飼い主が愛犬のためを思っての行動も、老後になった時にその愛情がどれだけ試されるものになるかで、こうした行動でも大きく作用していくかもしれません。


大好きな愛犬との思い出に…