高齢犬以降のサプリメントの使用方法

画像

高齢犬以降のサプリメントの使用方法

老犬こそ、今後を左右する

犬の健康を維持して行く事は肝心ですが、それは高齢犬から老犬へと指しかかる時期にこそ大きな比重を掛けることになります。人間で言うなら10代の少年少女がアンチエイジングなどすることと同定義であって、犬にとってもそうしたそろそろ身体の不調を訴えやすくなる時期に差し掛かるときになるほど、そうした老化に対する処方を考えていくのがごく自然なことでしょう。ただ人間の老化を感じるようになるのは年齢は目安はあくまで40歳を過ぎた辺りから、と考えたほうがまだ自然でしょう。それに対して犬などの動物については6年経てば高齢犬、という風に見なされてしまうことを考えれば、人間と動物では体感する時間は同じであったとしても、身体に影響を及ぼすスピードは桁違いとなっています。必然、動物と人間では大半が先に年老いてしまうのは犬を含めた動物なのです。

そうなったとき、老犬や老猫となった彼らを介護するのは飼い主の義務なのです。ですがこうした介護を負担に感じて保健所へ、という例も残念ながら頻繁に起こっています。老犬にもなればある臭いにも家の中で瑣末なことに注意を払わなければならない、今までしてきたことを老犬となった愛犬はできなくなってしまうのです。そういった時に、少しでも長く生きてもられて、そして身体の不調ではなく、苦しみながらではなく寿命というモノでその命を終えてほしいと、多くの飼い主が望んでいることではないでしょうか。老後となったペットの姿ほど見るに堪えるものはありません、見るに耐えない辛いことですがそれが飼い主の責任の一つになります。

老犬になったんだからサプリメントなんて使っても、なんてことはなくむしろこの時期ほどより効率よく摂取していけるようにして行くことで、長く健やかに生きていけるようにもできるのです。ここからはそんな老犬の生活に商店をおいて、犬用サプリメントとの関係性などについて考察していきましょう。

人気の小型犬大集合!
静岡の工務店五朋建設は常にお客様の住宅計画におけますトータルバランスを考え、住宅コーディネーターとしてお客様満足度、地域NO1を目指しております。リフォームをお考えでしたらぜひご相談を!

画像

具体的にどんなサプリメントを用いればいいのか

高齢犬、または老犬といった年齢なればそれまでの成犬にはなかった体調不良の時期が差し掛かるときがあってもおかしくなくなります。むしろ何事もなく健康的に過ごすことが出来たのであれば、それはとても幸福なことです。無病息災でいたいと感じてはいても、それを実現する事が出来るかどうか、という点については難しいところです。体調不良ほど唐突に訪れるものです。異変が始まっていたとしてもそれは気付かないレベルから進行し、やがて身体に明確な痛みなどを伴って生じることにもなりかねないのです。具体的な例で上げると極論となりますが、癌です。

人間でも犬でも、癌は発症したくないと考えているものです。今でこそ完治することも可能となっている医療技術が誕生していますが、それでもやはり癌を発症したら死の危険性を伴う恐ろしいものです。癌が発症してしまい、特効薬的に宣伝したサプリメントの話を思い出していただけると分かると思い出していただけば分かると思います。

これはあくまで曲解過ぎる例え話となっているので、少し柔らかく話を展開して行くことにして、よくある事例と高齢犬から老犬になると不足しがちな栄養素などについてピックアップして話を進めていきます。

関節の働きを助ける
先ほども紹介したグルコサミンとコンドロイチンを使用することによって、関節の間にある軟骨成分を補っていくことが出来るようにする栄養素となっています。犬だけではない歩くことを基盤としている生物にとっては必要不可欠な行動です。この働きが出来なくなっては、生死に関わる問題に発展することもあるため高齢犬になればなるほどこれらは必要となります。ここでもう一つ、コラーゲンを使用することで靭帯などを補ってくれるようになるので、今紹介した三つの成分を使用することが望ましいと考えられています。
アンチエイジングによって、心身ともに老化を抑える
高齢犬ともなれば老化スピードは一気に加速します、それを止めることはできませんが少しでも遅らせることが出来る栄養素もまた、サプリメントで補うことも出来ます。成分としてはDHAやEPA、またコエンザイムQ10など、人間のアンチエイジング対策として用いられているものが犬にも効果的と言われています。
内臓の働きを助ける
老化現象と共に現れやすくなる、そして老化と共に最も影響を受けることになるのが、内臓器官です。内臓器官がもしも何かしら機能不全を起こしているのであれば獣医師の領分なので飼い主はどうにも出来ませんが、そうした症状が出てくる前に内臓器官の働きを助けるサプリメントを使用します。具体的にはビタミンAや乳酸菌といったものがふんだんに取り込むことが出来るサプリメントが効果的となっています。
癌予防
そして気になっているでしょうが、犬にとっても発症したら生死を分けることになりかねる癌などを未然に防ぐことが出来るかもしれないビタミンもあります。紹介だけしておくと、主にメシマコブや花びらたけなどのキノコ、また再発防止などを防いでくれる成分を含んでいるのはアガリスクやサメ軟骨といったものです。
ペットと旅行に行きたい!
アパートやマンション店舗や事務所まで豊富な豊富な賃貸物件 柏市の不動産なら【柏ホーム】へお気軽にお問い合わせください。
おしゃれな部屋に憧れるあなたにおすすめ!カフェ風のリノベーション賃貸はいかがですか?東京の厳選されたリノベーション・デザイナーズ賃貸ならリノベ百貨店。お気軽にお問い合わせください。

改めて追記しますが、

高齢犬になってくると上記のようなサプリメントが使用することになりますが、改めて書いておきますけれど完全に予防することができるというモノではないことを覚えておいてください。特に癌に関して紹介した食材が効果的、と話しましたがそれもあくまで例となります。病魔はいつからその猛威を振るっているかなどわからないものです。未然に防ぐためにこうしたサプリメントで栄養素を補う事は確かに悪いことではありませんが、これらを実践すれば必ず、などと謳うものは一つもありません。必要な栄養素を取得していたとしても、病気になってしまうときにはそれこそ呆気ないものなのです。

サプリメントはあくまで栄養補助剤として使用するもの、そして最も根本的に愛犬たちの健康を守っていくためには獣医師との連携、これが何よりも欠かせないことなのです。依存気味に傾倒するのではなく、その時々に対応できるように心構えをしておくのも責任ではないでしょうか。

また、サプリメントも過剰に摂取させすぎ内容に規定量を守る、これも大事なことなので覚えておきましょう。


大好きな愛犬との思い出に…