長く生きてもらうために

画像

長く生きてもらうために

添い遂げる覚悟、本当にありますか?

食事に普段の行動、寝床と老犬の生活には飼い主も日常動作に変化をきたさなくてはなりません。そしてこの三つ以外にも更に愛犬が健やかに生活できるよう、また支障をきたさないようにするといったことに対しても気遣ってあげなくてはいけません。足腰が弱くなって歩行が難しくなったら、人間と同じく歩行補助となる機材を使って歩けるようにしてあげなくてはいけません。便をしたい素振りを見せているなら、排泄を手助けできるように介助してあげるなど、老犬が出来ると犬のことを寝たきりの老人を見取ってあげなくてはいけないことと同じように、その生活の全てを管理してあげなくてはいけません。

これも正直、序の口となっています。他にも寝ているときもどうしているか見てあげる、普段の行動から何か変化は来たしていないかなど、その身に起こっているちょっとした動作から愛犬の様子を察知してあげなくてはいけないのです。大変だと思うのなら、飼うことを諦めるべきです、ですがこうした介護はいずれ誰もが経験することではないでしょうか。身近でその後一緒に生活しなくては心配で要られない存在、親という存在です。

世の中色々な人がいます、老後の介護を見てもらいたいと思わない両親もいれば、介護してもらうのは当然のことだとする横柄な人もいるでしょう。子供側としても親とは絶縁しているから関係ないということもあるかもしれません、色々な状況やパターンもありますが、中には親子仲が円満となっていれば老後を一緒に過ごす、という人もいます。老人となった両親が少しでも楽しく過ごしていけるようになってほしい、子供なら誰もが願うことでしょう。病気などで苦しまないで天寿を全うして欲しい、そう考えている人もいるなら当然、些細な変化でも動きに不自由してしまう両親のために生活を変えることも辞さない、そんな人もいるでしょう。

長年飼っていた愛犬といずれ来る両親の老後、こうして比較してみると大きさや生物としての形状が異なっているだけで、老後の生活スタイルに違いがないことが理解できるのではないでしょうか。この一連の行動を責任もって行うことが出来なければ、犬などの生物を飼う資格はないでしょう。人間だから動物達の命を粗末にしてもいい、そんな道理はないのです。

人気の小型犬大集合!
引っ越しをすることになった、転居先として中野エリアで良いところないかなぁとお探しでしたら、中野の賃貸でお馴染みのガリバーにお任せ下さい。 格安・穴場、またお得な賃貸情報をお伝えする事が出来るでしょう。

画像

健やかに過ごしてもらう為に

両親の老後ともなれば身体が不自由になり、リハビリを行っている人もいます。それは老犬にも必要なことで、必要とあれば飼い主が愛犬のために全身をマッサージしてあげなくてはならないこともあります。人間でも犬でも、寝たきりの状態になってしまってそのままというのは身体のあらゆる循環機能に支障をきたすことになります。そうならないように血行が活発に動くようにしてあげる、筋肉が硬くならないように揉んであげる、ほとんど人間の老後と変わらない生活を強いられることになりますが、これらを行っている人であればもう愛犬のいずれ来る瞬間を見るだけの覚悟を持っている人でしょう。

こうした努力に対して、愛犬は何も感じていないということはありません。痴呆症となってしまったなら認識できなくなってしまうこともありますが、注いだ分だけ愛情を犬も返してくれるのです。その瞬間、涙がこみ上げる人もいるでしょう。今まで努力してきたけどちゃんと見ているものなのです、動物と意思疎通をすることはできませんが、飼い主が大切に育ててくれたという事実は犬からしても理解できるのです。

老犬の介護をするとは飼い主の生活も一変させなくてはいけない問題も出てきますが、それをするだけの価値があると分かるのは飼い主冥利に尽きるところでしょう。別れる瞬間を見るのは辛いことですが、頑張ったと褒める人もいると思います。老犬のために飼い主が出来るだけの愛情を注ぐ、これこそが最高のサプリメントではないでしょうか。

ペットと旅行に行きたい!

最期に

犬用サプリメントを使用すること、それはこうした老犬となった愛犬が最期まで苦しまないように生活して行く事が出来るようにしてあげる、そう考えて皆さん与えていることでしょう。市場からすれば飼ってくれればそれで良いと、そうした利益目的で行っているところもありますが、飼い主としてはその分愛犬が元気になってくれるなら多少金額を使用することになったとしても厭わないものです。分からない人には分からないかもしれませんが、ペットは飼っているのではなく、一緒に生活しているという間柄なのです。それはつまり、家族ということです。

例え姿形違っていても、一緒に暮らしているだけで誰よりも愛おしくなるものなのです。以前とある動画サイトで、飼い主に先立たれた犬がその墓標の前で泣き崩れるという動画がアップされたこともあります。その姿を見て心を打たれた人も多いことでしょう、そしてその分だけ犬も愛情を感じているんだと実感できます。

犬だからと蔑ろにする人もいる中、今後ペットを飼育して行く人達は増えていくと思います。そのとき一生を添い遂げることが出来るような覚悟を背負うことが出来るかどうか、飼い主候補となる人間に求められる素質ではないでしょうか。また現在進行形でペットと暮らしている人も、愛犬の将来を考えたらサプリメントを、という選択も視野に入れて健康を維持してあげる、いずれ考えなくてはならないことです。犬用サプリメントを使用していることに満足するだけでなく、その分だけ愛情を注いでいるかどうかも焦点に定める必要があります。大事なことを見落とさないで欲しい、ペット飼いとしての個人的な願いをこめて、ここで筆を折らせていただきます。


大好きな愛犬との思い出に…