食事なども変化させる

画像

食事なども変化させる

適切な食事とサプリメント

老犬になれば当然、食事も年齢や体調などを考えて変化させていくことになります。歯が弱くなったなら当然今まで与えていたドッグフードなどを与えることができなくなります、ただ基本的にそうした老犬専用の食事が市販されているので、大まかにはそれらで事足りるでしょう。中には愛犬のために毎日自前で食事を手作りするという、そんな人もいることでしょう。それについてはむしろ出来るのであれば、ドンドン行っていくべきかもしれません。

老化が進行した犬は生活行動そのものが激変するほどです、そうなると普段の行動範囲や運動量、消化器官などが衰えるといったことも当然のように発生します。適切な食事を心がけること、人間にとって変えても固いものではなく、なるべく柔らかく飲み込みやすく、そして栄養素をたくさん含んでいるもの、書いてみるとより実感できるところですが、中々適した食事を用意するというのは、難しいでしょう。市販だからといって安心することもできませんし、だからといって市販でも合わないことがあるかもしれません。食事が栄養を蓄えるという点においては、どんなに年を取ったとしても大事なのは変わりないことです。

ここではそんな老犬の食事に焦点を当てて話を進めていきましょう。

人気の小型犬大集合!
高い天井の物件ももスーパー・コンビニが近い物件も眺めのいい物件も全部リノベ百貨店におまかせください。当社はリノベーション賃貸 http://www.renov-depart.jp/専門に紹介しております。

画像

食事メニューについて

肝心の食事メニューについてですが、まず一番初めに話すこととして、犬であるということを良く考えてください。犬は基本的に肉食動物です、そしてそんな犬が野菜などを好んで食べるかどうかという質問には聞かれた人がほとんど首をかしげることでしょう。確かに世の中には菜食することが出来る犬がいたりしますが、それが主食となっている事はないのは考えなくても分かることです。実際にいるのかもしれませんが、肉を摂取することで得られるタンパク質が食事に多く含まれているのです。

これは犬に限ったことではなく、人においても共通していることです。タンパク質は重要な栄養素となっています。そして年を重ねていくことで筋肉も衰えていくこととなり、そうしたタンパク質を形成して行くためにはタンパク質が必要不可欠となのです。

とはいっても、大事なものだからという理由で与えすぎてはいけないのは基本中の基本です。与えすぎると肥満などの悪影響をもたらすことになるので、適切な量を与えることを心がけなくていけません。何事もやりすぎてはいけないということを頭に入れて、ここからもう少し話を掘り下げて進めていきます。

栄養バランスを考えた食事メニューを

人間でもそうですが、老犬になるとどうしても基礎代謝が落ちてしまいます。加えて運動量も確実に成犬と比べたら減ってしまうので、どうしても肥満傾向になってしまいます。しかしタンパク質なくしての食事構成も出来ませんので、普段から食べている食事メニューを栄養が偏らないように構成しなければなりません。特にミネラルバランスなどが欠乏しがちなため、そうしたことを解消するためにサプリメントを使用するなどして、どうしても補うことが出来ない栄養素を補充できるようにしましょう。

ほかにもありますが、次の食事に関して気をつけることとして考える中で、かなり難しく、そして時として柔軟に対応できるようにしていかないといけないものとなっています。

ペットと旅行に行きたい!

慎重に扱うこと

慎重に扱う、それがどういうことなのかというと、老犬にもなると食事の栄養バランスを考えることが必須となりますが、さらに食べやすさというのも追求することになります。歯が弱くなっていることも合って、どうしても噛み砕くことが難しくなると柔らかいものを与えなくてはいけません。ただここでも、単純に柔らかいものを与えれば良いというのではなく、さらに消化に優しいものを与えるようにしなくてはいけません。

身体に優しいからといって柔らかいものを意識する、それはいいのですが与えようとしている食事が消化についても優しいかということも配慮しなければなりません。老犬になると内臓器官が十分に機能してくれなくなってしまい、食事によっては下痢もあれば、食事そのものを受け付けられないとして吐いてしまうこともあります。

現代の犬の食事もかなり豊富な品揃えとなっているので、ウェットタイプの缶詰といったものもあります。しかしそれを使えば食べてくれるという保障もないため、飼い主の工夫が介入しなくてはいけません。その時にサプリメントを使えば効果的に作用する、ということもあります。老犬のサプリメントの活用方法としては、ここが特に正念場だと考えた方がいいでしょう。

食べてくれた、サプリメントなどを使用してきちんと完食してくれたと喜ぶのはまだ早いです、食事は身体に必要なエネルギーを補充してくれる行為です。お腹の中に蓄えられた食事はその役目を終えると、いずれ排泄物として体外に排出されます。そしてこの排出行為、便をしているかどうかも飼い主として確認しなければならないこととなります。便秘になっている事に気付かないでいると、腸が活発に動くことも出来ない状態になってしまい、そこから体調不良を引き起こすことにもなりかねません。

食事に食物繊維を取り入れるようにしたメニュー構成にすることも大事なことになりますが、与えすぎてもやはり下痢を引き起こすことになるのでその辺の加減をきちんとしなればなりません。

大変なのは、すでに分かっていたこと

犬は人気のある動物と言いますが、その生活スタイルは成犬時代でははつらつとして飼い主の命令にもキチンと従ういい子かもしれませんが、年老いた老犬になると今までのような生活を過ごす事は基本的に不可能となってしまいます。そうなったとき、飼い主は老犬たちを介護してあげなくてはいけません。こうした未来予測をキチンと出来ているかどうかで、その人の愛犬に対する愛情とか覚悟を理解できると思います。目先の可愛さ、その時ばかりの感情や情に流されて飼育するなど、本来ならあってはならないことなのです。

ペットというのは玩具ではなく、キチンと息をして食事をして動くことが出来る生物です。この生き物としての基本的な動作が出来るにも関わらず、犬や猫を物のように扱う人のことを考えると、胸が苦しくなります。ペットを育てる、つまりほかの生き物を育てるということは本来、その最期まで見届ける役目を負うことになるのです。人間の子供と同じです、人間はいずれ一人で生きていくことも出来ますが、ペットにはそれをするだけの行動を起こすことが出来ないのです。

老犬の介護が大変だから飼うのを止める、本来ならこうした行為は法律で命を粗末にしたとして罰則対象にする、という風にしてもおかしくないでしょう。ペットを飼うことが流行りだから飼育する、その行動によって担うことになる責務を理解していなければ、飼うべきではないとつくづく思います。


大好きな愛犬との思い出に…