健康管理には必要不可欠

画像

健康管理には必要不可欠

犬も認知症になります

犬の健康状態は体調悪化を招けばやはり命の危険性を伴うことになります。それは人間でも同じこととなりますが、犬が病気になるのは何も犬特有の病気ばかりではないのです。その中には人間社会の病気としては自然なものである、認知症です。この認知症に犬も実はかかりやすいということをご存知でしょうか。人間だけの病気ではないのかと驚く人もいるかもしれません、しかし条件などがかみ合ってしまうと、犬もそんな認知症を引き起こしてしまう可能性を内包している生き物なのです。

こうした犬の認知症でもっとも危惧すべき事は、発症した犬が最も深い繋がりを有していなければならない飼い主を判別することが出来ない、という点です。飼い主としてのショックが隠せないかもしれません、しかしそれは人間における認知症を見れば理解できると思います。但し犬のように言葉を話すことが出来ない生きものです、そうなると飼い主と判別できなくなってしまえば、敵対行動として威嚇やけん制といった攻撃行動を示してしまうのです。

悲しいことかもしれませんが、実例が存在していることを考えれば飼い主としてはそうした事態も想定しなければならないのです。不用意にペットを飼って病気を発症しても、最期の瞬間まで看取って上げられるかどうか、そんな覚悟が求められるのが本来のペットのあり方なのです。

ですがこうした認知症などの病気をサプリメントを用いれば防ぐことも出来るかもしれません、あえて濁しますが中には例外もあるからです。強調して、何度もお話していますが必ず獣医師と相談して、状態を確認してから医師の指示の下でサプリメントを使用する、という点を欠かさないようにしないといけません。医薬品ではありませんし、その効用が必ず効くといった保障もありませんが、それでも愛犬などのペットに利用することで将来考えられる危険から、事前に回避できるすることも出来る可能性を持っているからこそ、サプリメントは大いに活用されていることも事実です。保障はないけれど信じられるのであれば、という点で考えていればいいかもしれません。不安や利用したいという人はやはり専門家に相談してから、を推奨します。

そういった点を踏まえて、ここでは具体的にどんなサプリメントが効果的なのかを次から紹介していきましょう。

人気の小型犬大集合!
エムズクリニック九段下精神科 千代田区はいつでも同じ医師が対応しますので通院の曜日が都合で変わっても安心です。金曜の夕方以外はそれ程お待たせしません。治療以前の、ちょっとした相談でも可能です。

画像

効果的なサプリメント

犬用サプリメントといっても種類があります、摂取方法もそうですが、成分という点でも考えなくてはいけない点もあります。どれでもいいからサプリメント、なんて考えを持っ手して選んでいる人はいないと思います。ただどれを上げればどんなことに作用するのだろう点に着目すれば、自ずと求めている成分がはっきりします。とは言っても、大半の人が求めているサプリメントが共通していることが多数となっているので、そんな多数の愛犬が頻繁に利用しているサプリメントについては次のようなものが該当します。

DHAサプリメント
私達の中にもこの成分をむやみやたらに摂取していた人がいてもおかしくないDHA成分ですが、犬としてもこの頭の機能を活性化してくれるサプリメントを摂取していけば、将来的に予測される認知症を予防することが出来ると言われているのです。
ビタミンB1
疲労回復に効く栄養素となっており、最近疲れなどが取れずにどこかだるそうにしている時に使用すると効果的かもしれません。
ビタミンA
βカロチンも犬用サプリメントされており、虚弱体質の改善などに有効となります。気をつけなければいけない事は、過剰に摂取してしまうと下痢や食欲不振、抜け毛といった副作用を招いてしまうので、規定量を守ることが必須となります。
セラミド
先ほど話した毛ツヤに効く成分として、このセラミドが特に効果を発揮します。
カルシウム
人間でもそうですが、犬も共通してカルシウムは不足しがちな成分となっています。

上記4つが特に頻繁に利用されているサプリメントとなっています。人間にも同じような成分が不足しがちだと考えれば、愛犬たちも日夜こうした栄養素が不足してしまうことで、身体の不調などを訴えるようなことになってしまうのかもしれません。

ペットと旅行に行きたい!

サプリメントの効率の良い摂取方法

ペットのサプリメントは先ほど紹介したもののほかにも、様々な症状に効果的な成分となるサプリメントが市場で販売されています。しかしただ闇雲にあれやこれやと与えていればいいなどと、考えている人もいないでしょう。それは先ほど話したβカロチンのように、過剰に摂取するようなことをしてしまうと逆に体調不良を招き寄せてしまうという、栄養素が逆に病原体と機能してしまう可能性もあるのです。

愛犬のためを思ってやっているんだと考えているのかもしれませんが、限度というものがあります。どんなに美味しいものでも節度を守って与えなければ、不調を訴えることもあります。犬のためとは言っても、それは人間からすれば極端な話利己的な行動だと、認識していなくてはいけないのです。飼い主全ての行動がペットに最良の結果を呼び起こす、など都合のいい展開はありえないということです、そのためどの成分を与えるのかはバランスを決めて限度を守って与えなくてはいけないのです。

犬用サプリメントの効果的な与え方としては、主にサプリメントとして分けられているタイプを利用することにあります。具体的に言うと次のようなことになります。

  • 必要な栄養素を含んでいるマルチビタミンタイプ
  • 症状別に的を絞ったサプリメント

この二つを与えすぎず、規定量を守ってあげることが重要となるのです。ここでも言っていますが、何でもかんでも与えれば良いというわけではないということ、それをキチンと理解して正しく上げることで飼い犬の健康状態を維持して行くことができるのです。

とは言ってもサプリメントだけを与えていれば健康状態を維持することができる、などと夢物語だと思いましょう。体調が悪くなるときもありますから、その際には医師に見せて診断を仰ぐ必要があります。その時、何らかの医薬品を処方されることになるかもしれませんが、その際にサプリメントと服用してしまうと医薬品の効果を阻害してしまう、といったことにもなりかねないので診断の際にはサプリメントを使用しているかどうか、質問されたら正直に答えなくてはいけません。その際に使用を控えるかどうかも相談することになりますので、その点についてはキチンと指示に従わなければいけません。

あくまで栄養補助剤であること、サプリメントを与えていれば問題ないなどと保障は何処にもないことを再認識しておきましょう。


大好きな愛犬との思い出に…